【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法

   
投稿日:
最終更新日: 2021.07.19
ゆうこ先生

みなさん、はじめまして!

毎月お送りしているヤマダスクールのパソコン便利帳、今月からはわたしが担当します。

「ゆうこ先生」って呼んでくださいね。

ゆうこ先生

さて、さっそくですが・・・

ワードで文章を入力した後に、「この文章、テキストボックスにしたい・・・」と思ったことはありませんか。

そんな時、入力した文字列をテキストボックスにすばやく変換できます。

せっかく入力した文字列を削除したりテキストボックスを別の場所に入れて、文字列をコピペしたりする必要はありませんよ。

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 手順1

まずは、テキストボックスに変換したい文字列を選択します。

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 画像1

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 手順2

リボンの[挿入]タブ→[テキスト]グループの中の[テキストボックスの選択]をクリックします。

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 画像2

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 手順3

出てきたメニューの中の[横書きテキストボックスの描画]をクリックします。

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 画像3

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 手順4

選択していた文字列が、テキストボックスに変換されました。

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法  画像4

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 手順5

通常の文字列に戻すには、テキストボックスの中の文字列を選択して、テキストボックス外にドラッッグ&ドロップすると、通常の文字列になります。

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 画像5

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 手順6

空のテキストボックスは残りますので、必要なければDeleteキーで削除しておきましょう。

【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法 画像5
ゆうこ先生

新たに入力したり、コピペする手間がはぶけてとても便利ですね。

いかがでしたか?

ぜひ試してみてください!

お近くのヤマダスクールで「パソコンができる人」になろう!

あわせて読みたい

  1. ペイントで写真サイズを変更してみよう! パソコン便利帳

  2. 【Excel(エクセル)】表に自動更新される連番を設定したい!–ROW関数

  3. 【Excel】スパークラインでグラフをスマートにする【グラフ】

    【Excel】スパークラインでグラフをスマートにする【グラフ】

  4. ショートカットキーを使いこなす!第2段 パソコン便利帳

  5. 【Excel(エクセル)】MATCH(マッチ)関数で、範囲内のセル位置を調べる方法

  6. 【Word(ワード)】図形の変更を活用しよう!【Excel、PowerPointでもOK】

PAGE TOP