ヤマダパソコンスクールで資格を取ろう

ヤマダパソコンスクールでは資格取得の学習や受験をすることができます。 いろんなパソコン資格がありますが、学習・受験のしやすさなどそれぞれ特徴があります。
中でも知名度の高い3つの資格について違いを見てみましょう。

パソコン資格「私はどの資格を取ったらいい?」徹底比較!

受験や就活の学生さん

P検(パソコン検定) サーティファイ MOS
(Microsoft Office Specialist)
学生さんにおススメ度
入試・単位認定に有利

3

2

1

P検を取得していると、入試・単位認定の優遇制度を設けている学校が多くありますので学生さんには特におすすめです。 休み期間や放課後などを上手に使って資格をGET!
就職活動を控えた学生さんにはサーティファイもおすすめ。

社会人、就職・転職を目指す人

P検(パソコン検定) サーティファイ MOS
(Microsoft Office Specialist)
知名度・履歴書おススメ度
即戦力、会社でほめられる度

3

3

2

以前はMOSがダントツの知名度でしたが、最近はP検・サーティファイの知名度も上がり、職場での加給制度の評価につながるケースも増えています。もちろん、複数取得しておけば履歴書対策もカンペキ!P検はWordやExcelだけでなく、パソコン全般の知識を証明できる資格です。

、、、どれかひとつに決めたい?次の「学習、受験のしやすさ」を見て決めてみては?

学習、受験のしやすさ

P検(パソコン検定) サーティファイ MOS
(Microsoft Office Specialist)
学習と受験に
必要な費用お手頃度

3

3

1

勉強のしやすさ、学習期間

2

3

3

MOSは受験費用が少々お高め。なんとしても一発合格を目指しましょう。P検、サーティファイは受験費用が比較的安め。P検・MOSは受験費用の学割制度もあります。

サーティファイ、MOSはWordやExcel、PowerPointなど科目ごとの試験なので学習期間を短縮しやすいかも。P検はハードウェアやネットワークの知識も必要な試験なので学習範囲が少し広いですが、ヤマダパソコンスクールなら短期間での学習・合格も目指せます。

とにかく急いで資格をひとつ、、、なら「サーティファイ」がおすすめ。WordやExcel、PowerPointなど科目ごとに受験できるので学習期間を短縮しやすいです。

サーティファイは実務レベルの書類を作り上げる力を試す内容なので、他のパソコン資格に比べ、「即戦力」としてライバルに差をつけることができます。

ヤマダパソコンスクールは、サーティファイ、P検資格対策講座は教材費込みでおトク!

ヤマダパソコンスクールの資格取得コース

なんとテキスト代込みのお得学習

サーティファイ 資格対策講座 料金

ヤマダ電機のお買い物でたまったポイントで支払することもできます。

(すべて税別)

入会金

5,000円

月会費

1,000円

1回あたり 50分
月6回コース

12,000円

月10回コース

17,000円

月20時間まで
通いたい放題コース

30,000円

追加2回

5,000円

1回あたり50分
テキストを紛失した場合などは、別途テキストのご購入をお願いします。

P検(パソコン検定) 資格対策講座 料金

ヤマダパソコンスクールの会員様でなくても受講可能です。教材費は受講料に含まれますのでとってもおトク!

ヤマダ電機のお買い物でたまったポイントで支払することもできます。

(すべて税別)

1回あたり 50分
速習コース(月4回)

8,000円

速習コース(月6回)

10,000円

1か月
通いたい放題コース

26,000円

1回あたり 50分
テキストを紛失した場合などは、別途テキストのご購入をお願いします。

MOS(Microsoft Office Specialist)資格対策講座 料金

スキルに合わせて 学習時間を調整しやすいコースです。

ヤマダ電機のお買い物でたまったポイントで支払することもできます。

(すべて税別)

入会金

5,000円

月会費

1,000円

1回あたり 50分
4回コース

8,000円

8回コース

12,000円

12回コース

17,000円

16回コース

22,000円

20回コース

25,000円

追加1回

2,000円

1回あたり 50分
MOS資格対策講座では、テキスト代が別途必要です。

PAGE TOP