【3分でプロ並み】Excelでラクに集計表を作るなら!テーブル機能 パソコン便利帳

   
投稿日:
最終更新日: 2019.09.24
えりりん先生

こんにちは、えりりん先生です。

Excelで入力したデータ、もっと簡単に見やすくならないかな~?集計もできたらサイコー♪なんて都合のいいこと思ってませんか?

えりりん先生

そんな都合のいい話が、、、あるんです!

Excelの「テーブル機能」は一瞬で見やすい表に設定してくれるだけでなく、さまざまな時短機能が使えるスグレモノなんですよ♪

手順1

Excelで作成した表内をクリックし、リボンの[挿入]タブ→[テーブル]グループ→[テーブル]をクリックします。

Excelテーブル機能 手順1

手順2

[テーブルの作成]ダイアログが表示されますので、範囲を確認し[OK]をクリックします。

Excelテーブル機能 手順2

手順3

一瞬にして書式設定された表(テーブルと言います)に変換されました!

リボンの[テーブルデザイン]タブが新しく表示されますので、[テーブルスタイル]や[テーブルスタイルのオプション]をカスタマイズして 使いやすいテーブルに設定してみましょう!
ここでは好みのデザインを選択し、[集計行][フィルターボタン]をオンにしています。

Excelテーブル機能 手順3

手順4

[集計行]を表示することにより、様々な計算式を自動挿入することができるようになります。

Excelテーブル機能 手順4

手順5

[フィルターボタン]を挿入することにより、前回ご紹介したフィルター機能を使えるようになり、抽出したデータのみの集計を行うこともできるようになります。

Excelテーブル機能 手順5

手順6

テーブル機能は拡張性がありますので、隣接する行列にデータを挿入すれば、自動的にテーブルの範囲が広がります。

Excelテーブル機能 手順6
えりりん先生

Excelで今まで時間をかけて数式を入力したり書式設定したりしていたの、一体何だったの~~!!なんて声が聞こえてきそうです。

表のデザインを自動的にカッコよく設定してくれるだけでなく、抽出や集計も自動的に行ってくれるなんて、Excelってとっても優秀ですね!

ぜひ試してみてください!

あわせて読みたい

  1. 【ワードで年賀状】[文字列の折り返し]を使いこなして画像を自由に配置しよう! パソコン便利帳

  2. 校閲機能で文字数や文章の誤りを簡単チェック! パソコン便利帳

  3. 長い文字列をセル内で改行しよう! パソコン便利帳

  4. システムの復元で、元気だったあの頃へ!~前編~ パソコン便利帳

  5. 0から始まる数字を表示するには? パソコン便利帳

  6. Excel 小計機能で簡単集計! パソコン便利帳

PAGE TOP