Wordのタブ機能、[既定値]を使いこなそう

   
投稿日:
最終更新日: 2023.04.4
うらら先生

ヤマダパソコンスクールのうらら先生です。

WordでTab(タブ)キー、使いこなせていますか?

今回はWordのタブ位置の[既定値]についてマスターしましょう。

1. Tab(タブ)キーって何に使うの?

キーボード タブキーの位置

Tab(タブ)キーにはいくつかの役割があります。主な使い方として、
①Wordの文書で指定した位置に文字を送る
②WordやExcelの表で、次のセルに入力箇所を移動する
③入力フォームで次の入力の枠内に移動する
などがあります。

今回は①の使い方をご紹介します。

2.WordでTab(タブ)キーを押すとどうなる?

Wordの[編集記号の表示]をオンにした状態で、Tab(タブ)キーを押し続けると次の図のようになります。

Wordでタブキーを押した様子

Wordでのタブには、文字の入力位置を揃える役割があります。
既定値として4字が設定されているため、Tab(タブ)キーを押すたびに4字ずつ文字の入力位置(カーソル)が送られました。

タブを挿入したところに、矢印型の編集記号が表示されています。

3.タブの既定値を変更する

既定では4字分になっていたタブの値を変更してみましょう。

手順1. リボンの[ホーム]または[レイアウト]から[段落の設定]をクリックします。[段落]ダイアログボックスが表示されます。

手順2. ダイアログボックス左下の[タブ設定]をクリックします。

ワード 段落ダイアログの様子

手順3. [タブとリーダー]ダイアログボックスの[既定値]を[4字]から[6字]に変更し、[OK]をクリックします。

Wordでタブキーを押した様子

少々わかりにくいですが、タブ位置の間隔が少し広くなったことがわかりますね。

Wordで既定のタブ位置を4から6に変更した結果

実際に文字が入力された状態で見るとよくわかります。4字間隔と6字間隔、既定値を変更するだけで文章のレイアウトも変わります。

Wordで既定のタブ位置が4の入力例
Wordで既定のタブ位置を4から6に変更した入力例

タブの既定値を変更すると文書全体のタブの既定値が適用されますのでご注意を。
それぞれに違うタブ位置を設定したい場合は、これとは別のタブ位置の設定が必要です。

タブ位置の設定の詳しい操作方法など、ヤマダパソコンスクールのWord講座で学ぶことができます。ぜひお越しくださいね。

うらら先生

いかがでしたか?

簡単な文書であれば既定のタブ位置を使って、十分整った文章を作ることができそうですね!

ぜひ試してみてください!

あなたもお近くのヤマダスクールでWord・Excelが使える人になろう!

あわせて読みたい

  1. [Excel(エクセル)]データを横方向に入力したい!

  2. 【Word】ワード文書のフォント設定

  3. ファイル名やページ番号を挿入したい!(Word編) パソコン便利帳

  4. 校閲機能で文字数や文章の誤りを簡単チェック! パソコン便利帳

  5. ペイントで写真サイズを変更してみよう! パソコン便利帳

  6. データをグラフ化してスッキリわかりやすい表に! パソコン便利帳

PAGE TOP