スライドショーを動画で保存しよう! パソコン便利帳

   
投稿日:
最終更新日: 2019.09.17
えりりん先生

こんにちは、えりりん先生です。

せっかく作ったスライドショー、動画にして皆で見ることができたらいいな~!なんて思ったことありませんか?

PowerPointには作成したスライドショーを動画に変換する機能がついています。

動画に変換してしまえば、Windows上だけでなく、iPadのようなタブレットやスマートフォンでもスライドショーとして動画を視聴できるんですよ♪

手順1

PowerPointで作成したプレゼンテーションを開き、リボンの[ファイル]タブをクリックします。

スライドショーを動画で保存しよう! 手順1

手順2

左側の[エクスポート]→[ビデオの作成]をクリックします。

必要に応じ[プレゼンテーション品質]の設定を変更します。  スライドを切り替える時間を秒数で指定した後、[ビデオの作成]ボタンをクリックします。

スライドショーを動画で保存しよう! 手順2

手順3

動画として保存する[ファイル名]を指定した後、[保存]ボタンをクリックします。

スライドショーを動画で保存しよう! 手順3

手順4

画面下のステータスバーにビデオへの変換状況が表示されるので、終わるまで待ちます。

終わっても終了画面は表示されません。変換状況が消えれば完了です。

スライドショーを動画で保存しよう! 手順4

手順5

名前を付けて保存した場所に、mp4 形式の動画ファイルが作成されている事を確認し、そのファイルをダブルクリックします。

動画を再生するアプリが起動し、動画が再生されます。

スライドショーを動画で保存しよう! 手順5
えりりん先生

その他、ビジネス用途で大型モニターなどに映して再生する場合などにも有効ですよね♪

ぜひ試してみてください!

あわせて読みたい

  1. [Excel(エクセル)]指定の範囲だけを印刷したい!

  2. Excelテーブル機能 手順5

    【3分でプロ並み】Excelでラクに集計表を作るなら!テーブル機能 パソコン便利帳

  3. 【年賀状】ワードで宛名印刷にチャレンジ!【差し込み文書】 パソコン便利帳

  4. 長い文字列をセル内で改行しよう! パソコン便利帳

  5. 【Word】入力済みの文字列をテキストボックスに変換する方法

  6. 仕事も宿題も速く終えられるExcelショートカット特選版

PAGE TOP